« アケボノスミレ | トップページ | ヒナスミレ/フイリヒナスミレ »

2010年5月 8日 (土)

兄が弟に勧める本

 小学校4年生の時に「指輪物語」全巻を読破し、中学2年生になった今は作家読みのSF者になりつつある長男ですが、その根っこはやはり読書家として正統派のようです。小学2年生になった次男と一緒に郡立図書館に行った時には、「この本は面白いよ」と本を薦めるようになりました。最初は、「びりっかすの神様」
51k2t655bal_sl500_aa300_

 次は「大どろぼうホッツェンプロッツ」
51ha0tcejyl_ss500_

 どちらも200ページちかくあって、2年生に成り立ての次男にはちょっと長いのですが、面白いと読んでいます。そして長男いわく、次に推薦するのは「へんなネコのセラピナ」、そして「小さなスプーンおばさん」
51wjh059ssl_sl500_aa300_

だそうです。なかなかいい選択ですね。私たち夫婦の努力が、兄弟にも伝えられていっているようです。

|

« アケボノスミレ | トップページ | ヒナスミレ/フイリヒナスミレ »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/48306971

この記事へのトラックバック一覧です: 兄が弟に勧める本:

« アケボノスミレ | トップページ | ヒナスミレ/フイリヒナスミレ »