« イチビ | トップページ | タケニグサ »

2010年8月 9日 (月)

魔女の宅急便

 1985年に出た角野 栄子作「魔女の宅急便」も、そのシリーズ6冊目「それぞれの旅立ち」が2009年に出て終わりとなりました。足掛け25年近くにもなり、最後のジジは、30代で双子のお母さんとして登場します。
 今、小学2年生の次男が、このシリーズを一生懸命読んでいます。もともと、スタジオジブリの「魔女の宅急便」が大好きだったので、夏休みになる直前、郡立図書館に行った時に、原作があってシリーズになっていることを教えたら、大喜びで読み始めました。
 2年前はまだ読み聞かせが中心で、1年前の夏休みは「怪傑ゾロリシリーズ」がやっとだった次男としては、かなりの成長ですね。この調子で行くと、小学4年生で「指輪物語」を全巻読破した長男に対抗できるかな?

51b9b4tnrvl_sl500_aa300_


 と思ったら、妻が横から手を出して読みふけっていた・・・・・

|

« イチビ | トップページ | タケニグサ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/49103680

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の宅急便:

« イチビ | トップページ | タケニグサ »