« 伐採 | トップページ | ニシキギ »

2010年12月22日 (水)

サザンカ

EOS KissX3 + TAMRON60mmF2.0Macro

Photo_3

デジカメは、赤や黄色はすぐに色が飽和してしまって、微妙なニュアンスを出しにくいです。

 今日、自分へのクリスマスプレゼントが届きました。TOKINAのフィッシュアイ・ズーム(APS-C専用)です。オリジナルであるペンタのレンズの設計者は、勿論「レンズ設計の神様」平川純さんです。広角側に疎いので、もう少し広角〜超広角〜魚眼の写し方を勉強しようと思います。

|

« 伐採 | トップページ | ニシキギ »

植物など」カテゴリの記事

コメント

山茶花、綺麗に撮れていますね。
単色系の花の写真は撮るのが難しいですね。
私など何時も失敗ばかりです。

投稿: ぴょんぴょん | 2010年12月22日 (水) 09時50分

きれいですね~★
どうやったらこんなに美しく撮れるのかしら・・・
夫もとても立派なカメラもっていますが、お世辞にも
上手いとはいえません^^;

投稿: nako | 2010年12月22日 (水) 12時40分

 ぴょんぴょんさん、コメントありがとうございます。
 こういう赤系で多弁の花って撮るのが大変なんですよね。しかたがなく、色のグラディエーションをレタッチして少し強調しています。

投稿: Frank-Ken | 2010年12月22日 (水) 16時07分

 nakoさん、コメントありがとうございます。
 旦那様のカメラって何ですか? 教えて下さい。私もフルサイズのデジ一は2台もっていますが、調査の時などは、このカメラを持っていく事が多いです。一世代前の初級デジ一ですが、軽くて小さいので都合がいいのです。山を歩きまわるのに、手ブレ補正内臓の100mmマクロとバッテリーグリップを付けたフルサイズでは、さすがに重すぎますからね。

投稿: Frank-Ken | 2010年12月22日 (水) 19時20分

原色の赤や黄以上に、山茶花の色出しは本当に難しいですね。
マゼンダの混じった濃いローズピンクが一番飽和し易いように感じます。
(私は黄色の色出しもちょっと苦手です.....)

魚眼ズーム面白そうですね。
広〜いセカイに憧れる今日この頃です ^^;

投稿: HANAZONO | 2010年12月22日 (水) 23時19分

 HANAZONOさん、コメントありがとうございます。ご無沙汰しております。
 色の感受性は、人の目とCCDやCMOSで違いがあるなのでしょうね。その点、フィルム(例えばフジのスライドフィルムならプロビアやアスティア)の方が、デジタルカメラよりも今でも一歩先を言っている気がします。(ベルビアやフォルティアは別方向ですね)
 その点からでしょう。確かに今回の色出しにはだいぶ苦労しました。

 魚眼、それもズーム。使い切れますでしょうか。

投稿: Frank-Ken | 2010年12月22日 (水) 23時32分

frank-kenさん、おはようございます。

いやービックリしましたよ。w(゚o゚)w
同じ日に、山茶花!
しかも赤と白でお互い話したように
ほんと、なにか運命を感じますね。
frank-kenさんが女性なら恋に発展する所でした^^
これからもよろしくお願いします。

投稿: Rossy | 2010年12月23日 (木) 09時25分

 Rossyさん、コメント℃ありがとうございます。

 >frank-kenさんが女性なら恋に発展する所でした<
 いやぁ、あぶないところでした。でも、私も男だし、そっちの趣味はないので安心です。

投稿: Frank-Ken | 2010年12月23日 (木) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/50284459

この記事へのトラックバック一覧です: サザンカ:

« 伐採 | トップページ | ニシキギ »