« ユリ科 sp. | トップページ | カラスウリ »

2011年1月21日 (金)

ハンノキ

EOS5D MarkII + EF100mmMacro L IS

Photo

 時々、RAWファイルからパソコンで現像した画像を見た時に、ごくたまに「あ、これでトリミングもレタッチもしなくていいな」と思うことがあります。これなんかがそうです。まだスライドフィルムの方が、「空気」を写す力があって感性に訴えるものがあると感じているのですが、こんな時は、その気持ちが揺さぶられてしまいます。

 銀塩時代のころは、まだ小さかった長男をとるのがネガフィルムを入れたペンタックスZ1PやZ5P、花の接写に使ったのが、スライドフィルムを入れたペンタックスLXやコンタックスAXでした。そしてお散歩カメラがコンタックスG2。それが、ペンタックス*istDを皮切りにデジタル化していったのですが、最後まで手元に残しておいたのは、ほかでもないG2でした。他のカメラは(LXはいい方でしたが)愛着はあっても「装置」であり、デジカメになってますますそのような傾向が強くなりました。でも、単焦点のレンズ3本を付け替えて撮るG2は、愛着のある「道具」でした。今は、そんな「道具」を持っていません。ライカM9なんかがそれに当るのでしょうが、いかにせん値段が・・・・ G2みたいなカメラをまた欲しいです。

8

|

« ユリ科 sp. | トップページ | カラスウリ »

植物など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/50639800

この記事へのトラックバック一覧です: ハンノキ:

« ユリ科 sp. | トップページ | カラスウリ »