« カラスウリ | トップページ | サザンカ »

2011年1月22日 (土)

雪の職場

 今日の昼休み、職場の敷地内にあるキャンプ場に出てみました。今は閉鎖されていて、人っ子ひとりなく、例年の半分以下だと言う雪だけが積もっています。

EOS KissX3 + SIGMA17-70mm
Photo_2


 でも、そこは今、野生動物たちの天下です。ペアリングしたトウホクノウサギが並んで走った跡が残っていたり、
3

 人間用に作られた小さな橋も、今は動物たちの川越えのよい手段となっています。
2

|

« カラスウリ | トップページ | サザンカ »

自然一般」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
雪の上の動物の足跡
人も時には、動物にとって
役に立つことがあるのですね。happy01

投稿: yamayama | 2011年1月22日 (土) 10時17分

いい環境でお仕事なさってるんですね。
雪も、ウサギの足あとも、うらやましいです shine

投稿: まめ蔵 | 2011年1月22日 (土) 10時31分

 yamayamaさん、コメントありがとうございます。
 人が雑木林の木を切ってつくった隙間(道)や、沢を渡るための橋は、冬の間は野生動物にとって、都合のいい通り道になっています。

投稿: Frank-Ken | 2011年1月22日 (土) 11時28分

 まめ蔵さん、コメントありがとうございます。
 いやぁ、寒いうえに、雪が降ったら駐車場や宿泊施設周囲の雪かきがあって、結構たいへんなんですよ。

投稿: Frank-Ken | 2011年1月22日 (土) 11時30分

 素晴らしい♪
 こういう場面を身近に見たとき、自分がいったい何を思うのか、何を感じることができるのか。
 実際にこの目で見てみたいものです。
 ペンを捨てて野に出ないとだめですにゃあ♪

投稿: あさもやかすみ | 2011年1月22日 (土) 16時42分

 あさもやかすみさん、コメントありがとうございます。
>こういう場面を身近に見たとき、自分がいったい何を思うのか、何を感じることができるのか。<

 う~~~ん、これは、私達フィールドワーカーにとっても大切な問題ですね。

投稿: Frank-Ken | 2011年1月22日 (土) 17時18分

けっこう積もってますね^^
職場の敷地内にキャンプ場があるなんて
良い環境ですね、うらやましーですよ。

投稿: Rossy | 2011年1月22日 (土) 17時30分

 Rossyさん、コメントありがとうございます。
 私は今年度からの勤務ですが、同僚に聞くと雪の量は去年の半分程度だそうです。
 敷地の中にキャンプ場があるというより、山の中にあるキャンプ場とそこに隣接する宿泊研修施設が私の職場なのです。

投稿: Frank-Ken | 2011年1月22日 (土) 18時53分

こういう所に立っておいしい空気を
吸ってみたいものです^^
自然って怖い時もあるけど、いいものですね^^

投稿: nako | 2011年1月23日 (日) 18時20分

 nakoさん、コメントありがとうございます。
>自然って怖い時もあるけど、いいものですね<
 そうですね。私は3年ほど前、調査中に10mほど滑落し、危いところで落石防止用の金網に引っかたおかげて、数十m下の谷底に流れる吾妻川に落ちて死なずにすんだことがあります。そんな経験をしても、やっぱり自然は大好きです。

投稿: Frank-Ken | 2011年1月23日 (日) 19時26分

あらら、そんなデンジャラスなことに遭ったんですか。
(/||| ̄▽)/
何処かの空の上から見ている暇神(ひまじん)が
「少し早すぎるよ」と助けてくれたんでしょう。
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2011年1月23日 (日) 21時44分

 アライグマ さん、コメントありがとうございます。
 フィールドワーク中、命を落とす方や落としそうになる方は結構いますよ。例えば、砂漠で砂に埋もれた高圧電線を踏んでしまって亡くなった方とか、両手に標本にするカエルを持っているところを野犬に襲われて、逆に噛みついて撃退した方とか、ツキノワグマと取っ組み合って、川に投げ落とした方とか・・・・ ほんのちょっとしたことが、生死を分ける事があります。

投稿: Frank-Ken | 2011年1月23日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/50648048

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の職場:

« カラスウリ | トップページ | サザンカ »