« ヒトツバエゾスミレ | トップページ | タチツボスミレ »

2011年5月 9日 (月)

ナルカミスミレ

 ヒトツバエゾスミレの白花で、鳴神山で見つかったことから、この名前がつきました。

EOS KissX3 + TAMRON60mmMacro

Photo_4

2_3

3_2


 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

|

« ヒトツバエゾスミレ | トップページ | タチツボスミレ »

植物など」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。珍しいものを拝見しました。独特な姿ですね。
ヒトツバエゾスミレですら以前信州で葉だけを見ただけです。

投稿: アクシバ | 2011年5月 9日 (月) 07時58分

ヒトツバエゾスミレとかナルカミスミレとか、こちらでは見られない珍しいスミレがあるのですね。
葉が変わっていて面白いです。

投稿: aoikesi | 2011年5月 9日 (月) 11時23分

見逃してしまいそうな
小さなすみれ。。。
「見つけて下さってありがとう」
と囁いているような姿です*^^*

投稿: きよみん | 2011年5月 9日 (月) 15時34分

  アクシバさん、コメントありがとうございます。
 この撮影場所では、オリジナルのエイザンスミレの方が圧倒的に少ないくらいでした。ぜひ、こちらに見に来て下さいね。

投稿: Frank-Ken | 2011年5月 9日 (月) 18時42分

 aoikesさん、コメントありがとうございます。
 ヒトツバエゾスミレなら、エイザンスミレの変種ですから、蔵王の方でも見られるのではないでしょうか。

投稿: Frank-Ken | 2011年5月 9日 (月) 18時43分

 きよみんさん、コメントありがとうございます。
 スミレのセカイは置くが深いですよ〜〜。このブログからリンクを張ってある方たちの中で、「すみれ・フリークス」といえるような方が、5人はいますから・・・
 身近なタチツボスミレなどは、モチーフとしていいのではないでしょうか?

投稿: Frank-Ken | 2011年5月 9日 (月) 18時46分

こんばんは。

サクラスミレのお届けありがとうございました。
スミレ図鑑を2年ほど前に初めて、スミレの種の多さに驚いています。

投稿: さな・花の庵 | 2011年5月 9日 (月) 21時14分

 さな・花の庵さん、コメントありがとうございます。
 スミレはいくらやっても先が見えないですね。ほんとに底なしです。
 だから、4、5月は、ほかの植物にも目をやるように逆に気をつけなくてはならないほどですよね。

投稿: Frank-Ken | 2011年5月 9日 (月) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/51587125

この記事へのトラックバック一覧です: ナルカミスミレ:

« ヒトツバエゾスミレ | トップページ | タチツボスミレ »