« コブシ | トップページ | セリバヒエンソウ »

2011年6月 5日 (日)

ナヨクサフジ

D300 + DX MicroNikkor85mm VR

Photo_3
 ナヨクサフジは、国の「外来生物法」を参考に、群馬県での危険外来種に指定しているのですが。それを畑の緑肥としてつかっているところを見つけてしまいました。確かに緑肥(すき込んで肥料とする植物。空中窒素の固定をするマメ科が多い)としては、レンゲより繁殖力があっていいとは思いますが、まさか柵で囲ってナヨクサフジを育てているとは・・・・ この「県内危険外来種」については、「外来生物法」の「特定外来種」のような法的な強制力や罰則があるわけではありません。でも、こりはちょっとひどすぎると思います。そのうち、まるでバーストでもするかのように、辺り一面にナヨクサフジが広がって行くでしょう。


 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

|

« コブシ | トップページ | セリバヒエンソウ »

植物など」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
FBIRDの後輩の摩周です。
いつもこちらのブログを巡回しております。
ペンさん、アメフさん、ミケハチさんにはお会いしておりますが、不乱 研さんにはお会いしていないですよね(?)。
我が家の周りにもこのナヨクサフジは何面もあります。東京の狭い住宅なら、一面だけでも家が10軒以上は建ちますよ。それが、私が知っている範囲だけでも、5~6面あります。200~300m離れていたりですから、地主は異なると思います。
http://yamasemi.cocolog-nifty.com/blog2/2011/05/post-081f.html

>それを畑の緑肥としてつかっているところを見つけてしまいました。

何も知らない私は、土埃防止かと思ってしまいました。そういえば、何度かマメ科緑肥の話はどこかで読んだことがありました。そちらの目的がメインなんでしょうね。
私は昨年から鳥だけでなく植物も見始めました。正直なところ、園芸種はあまり好きではなく、手が加わっていないものが好きです。ですからこの一帯にはいろいろな雑草類が多く、頻繁に散歩しながら日々の変化を楽しんでいます。帰化植物の雑草類なんか識別が大変ですが(名札が付いている訳はありませんから)、四苦八苦しながら同定しています。ちょっと前までまさに開花中のナヨクサフジ畑でしたが、今は花は枯れたのがほとんどになりました。あと、この周りには、ちょっと盛りを過ぎましたが、ナガミヒナゲシが群生しています。初心者の私が楽しむのには良いですが、意識的に持ち込んだ帰化植物だらけになるのも困りますね。
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m。

投稿: 摩周 | 2011年6月 5日 (日) 15時11分

 摩周さん、コメントありがとうございます。
 「FBIRDの後輩」なんてけんそんしなくていいですよ。あの和気あいあい差は、他のフォーラムでは見られないものでしたね。
 この場合はナヨクサフジを囲って意図的に緑肥にしているところが問題なんですよね・・・
 このところ、こちらでもあたりでも今までは見られなかった帰化植物が進入してきています。ほんと困ったものです。

投稿: Frank-Ken | 2011年6月 6日 (月) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/51731004

この記事へのトラックバック一覧です: ナヨクサフジ:

« コブシ | トップページ | セリバヒエンソウ »