« ワタスゲ | トップページ | ツルシキミ »

2011年7月 9日 (土)

ミズニラ

E-PL2 + Lumix20mm

Photo
 これがシダ植物だと言っても、たいていの人が信じないでしょう。でも、胞子で増える、れっきとしたシダなのです。

E-PL2 + MacroElmarit45mm

2
 この基部に、大型の胞子ができて、それで繁殖します。
 このミズニラは絶滅危惧植物ですが、以前は人間の生活、農耕生活とうまく共存していました。例えば私のフィールドの、標高が高めのところでは、水温が低いために水田に直接水を入れるのではなく、水路を長くとったり、ため池をつくったりしてそこで水を暖めててから、水田に水を引き込んでいます。そして、ミズニラはそのような環境が適しているのです。つまり、ミズニラは昔から稲作とうまく共存していたのです。ところが、圃場整備などでこのような環境が潰され、水路もコンクリート製になってしまいました。また、湿地も「無駄な土地」と判断され、開発されてしまいました。そのようなわけで、このミズニラは絶滅危惧種になってしまったのです。
 そう言えば、農耕によってマイナーだった植物がメジャーになったものもありますね。タンポポがそうです。縄文時代以前は、森林に覆い尽くされていた日本の、時たまできるギャップ(木が倒れたりしてできた日の当たる空き地)にほそぼそ生えていたタンポポが、農耕の伝来によって森が切り開かれて、日当たりのよい草地ができた事で、いっきに増えたのです。その証拠に、タンポポが文献に出てくるのは、平安時代以降です。(そして今は、外来タンポポからの遺伝子汚染にさらされていますが)
 このブログとしては、珍しく文が長くなりましたね。それではこのへんで。


 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

|

« ワタスゲ | トップページ | ツルシキミ »

植物など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/52038967

この記事へのトラックバック一覧です: ミズニラ:

« ワタスゲ | トップページ | ツルシキミ »