« アメリカアサガオ | トップページ | マメアサガオ »

2011年10月22日 (土)

ムササビ

EOS Kiss X3 + TAMRON60mmMacro

 気持ち悪かったらごめんなさい。
 出勤途中、ムササビが道路の真ん中で横たわっているのをみつけました。後続車もなかったので、あわてて車を止めて道路のはじによせました。多分、車に「轢かれた」のではなく、飛行中に「衝突」したのでしょう。その証拠に、頭部が潰れていて、他にはほとんど損傷はありませんでした。「ムササビが来る宿」で生きている姿を遠目で見た事はありましたが、近くで見たのは初めてです。死後硬直はしていましたが、飛膜は柔らかくて思ったより厚く、広げることができました。40cmほどと、モモンガよりもずっと大きなその体が実際に宙を飛ぶ様子は、その厚くて毛が密生した飛膜からではちょっと想像することが難しかったです。
 標本にでもしてやれば何かの役に立ったでしょうが、そのつてもなく、車に常備のシャベルでそっと埋めてあげました。

Photo


 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

|

« アメリカアサガオ | トップページ | マメアサガオ »

動物など」カテゴリの記事

コメント

Frank-Kenさん 間近の写真見せていただきありがとうございました。冷凍保管して、博物館でも提供すると良いのでしょうが、専用の冷凍庫が無いと考えますよね。標本にするのには相当お金が掛かります。
 土葬が正解だったと思います。 合掌

投稿: クスクス | 2011年10月22日 (土) 11時33分

昔谷川温泉のユテルメの露天風呂の上空を空飛ぶ座布団が滑空して行ったのを覚えています。
そうかー、こんな座布団だったんだ。
(*_ _)人 合掌

投稿: アライグマ | 2011年10月22日 (土) 11時41分

お優しいんですね^^
これがムササビ・・・初めて見ました^^;

投稿: nako | 2011年10月22日 (土) 13時07分

 クスクスさん、コメントありがとうございます。
 私も県立自然史博物館(動物担当の学芸員が知人なもので)に連絡しようかと思ったのですが、距離もあり、朝の時間帯なのであきらめました。でも、このあたりにもいるんですね。

投稿: Frank-Ken | 2011年10月22日 (土) 16時10分

 アライグマさん、コメントありがとうございます。
 モモンガに比べるとはるかに大きくて、また飛膜も厚いので、本当に空飛ぶ座布団です。こういうのは、遠くからでの見た目だけでは分からないものですね。

投稿: Frank-Ken | 2011年10月22日 (土) 16時11分

 nakoさん、コメントありがとうございます。
 優しい、というか、知的好奇心が旺盛なもので・・・・ 埋めてあげたのは、確かに他の動物に食べられたりするのがかわいそうでしたのですが。

投稿: Frank-Ken | 2011年10月22日 (土) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/52997439

この記事へのトラックバック一覧です: ムササビ:

« アメリカアサガオ | トップページ | マメアサガオ »