« 多弁のミツバオウレン | トップページ | ヤンマのヤゴの抜け殻 »

2013年6月29日 (土)

ヒメツルコケモモではない?

 父の時代から、山の中のある湿地に生えている植物が、ヒメツルコケモモかツルコケモモかわからずにいました。もしヒメツルコケモモであれば、県で唯一の自生地となります。そこで、縁あってヒメツルコケモモとツルコケモモをDNA解析で分類している方に調べていただけることになりました。そこで、今日はその湿地に行ってきました。

D3200 + Nikkor18-200mm

Photo_15
 ここがその湿地です。登山道のすぐ傍なのに、知らないと全く気付かない湿地です。

D3200 + MicroNikkor85mm

Photo_16
 これがその正体不明のものです。ただ、葉の形から貧栄養のツルコケモモの可能性が高いとのことでした。結果は、DNA解析で出ます。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村


|

« 多弁のミツバオウレン | トップページ | ヤンマのヤゴの抜け殻 »

植物など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/57689489

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメツルコケモモではない?:

« 多弁のミツバオウレン | トップページ | ヤンマのヤゴの抜け殻 »