« 2015年4月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

コハクチョウ

D7100 + SIGMA150-600mm × 1.5倍クロップ

Photo
 今年はもう来ているかと、長野原町の貯水池に行ってみましたが、まだ1羽しか飛来していませんでした。残念。


D7100 + SIGMA150-600mm

Photo_2
長男とこうやって写真を撮り歩くのも、3月で終わりですね。小学4年生からコンデジで撮り始めて、ちょうど10年ですね。その間、ボディも4台変わりました。今は、次男とおそろいのK-7で撮っています。たまには帰ってきて、写真を撮り歩いて欲しいものです。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

ホオノキ

D7100 + Nikkor18-200mm

Psd

早くも、来春の支度をしていますね。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

「シドニアの騎士」終了

D7100 + MicroNikkor85mm

Photo
こんな時期になっても、まだ残っているんですね。


 弐瓶 勉の「シドニアの騎士」が今月の15巻で終了しましたね。彼は、長編デビュー作「BLAM!」(1995から全10巻)からのファンでした。暗くて緻密な書き込みと、読者を置き去りにするストーリー展開、さらにほとんど説明無しの異様な電脳世界観と、普通の人には取りつきがたいのが特徴でした。また、エンディングの詰めが甘いのが欠点でした。
 それが、「シドニアの騎士」(2009年から全15巻)からがらっと変わり、以前より書き込みの少ない明るい絵柄、説明のある世界観となりました。そして第1期と第2期にわけて、ほぼ原作通りにアニメ化されました。その第2期の終わり(だいたい原作の11巻くらい)では、続くかのような複線をわざと示しての終わりとなりました。また、「セルライクフル3DCG」という、日本独自の形式の3DCGアニメであるとともに、声優が先に声を入れて、それに合わせて画像をつくるというプレスコという通常のアニメとは逆の手法をとっていました。そして、第1期の総集編である劇場版は、2時間半もの長尺となってしまいましたが、総集編としては非常に完成度の高いものとなっています。
 そして、原作の最終巻15巻では、最初からほとんど人類絶滅の危機、さらに3/4あたりでヒロイン(? 身長約20mのほとんど巨神兵的乙女) のつむぎが死ぬなど、どうなるかという展開でしたが、彼にしては珍しい練りに練ったストーリーで、最後には見事にハッピーエンドとなりました。
 やはり、このハッピーエンドまで描いたアニメの第3部が見たいですね。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

中庭のバラ

D7100 + MicroNikkor85mm

Photo_2

母が育てている、中庭のバラも、そろそろ終わろうとしています。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

岩櫃山

D7100 + Nikkor18-200mm

Photo

定位置からの岩卒山です。とうとう今年も、紅葉が終わりになりますね。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

八ッ場ダム工事のクレーン

D7100 + Nikkor18-200mm

Photo

どんどん工事が進んでいますね。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

岩場のアシナガバチの巣

D7100 + MicroNikkor85mm

2
岩山で見つけました。人間が日本にやってきて、軒下などに巣を作るようになる前は、アシナガバチはこんなところにも巣を作っていたのでしょうね。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

ヒメツルソバ

D7100 + MicroNikkor75mm


Photo
7年前、私が地元の祇園祭の若世話の頭をしていたときは、家の周りには数ヶ所あっただけの帰化植物でしたが、今ではかなりあちこちで見られるようになってしまいました。


 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2015年11月12日 (木)

水没する紅葉たち・・・・・

EOS5D mkII + EF 28-300mm L

進入止めになっている吾妻渓谷の抜け道をみつけて、下までおりてみました。下の画像は、ちょうどいい紅葉の中に、橋が横に走っていますね。
Photo_5


でも、その橋を近くで撮ったこの画像の橋の柱をよく見てください。すでに、水位の標識がついています。つまり、この画面に映っている紅葉は全て数年後には水没するのです・・・・
Photo_6


 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村


| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

どんどんなくなっていきます

EOS5D mkII + 28-300mm L

八ッ場ダムの工事も本格化してきて、まずは旧川原湯温泉駅が取り壊されて、更地になってしまいました。
Photo_2


そして今度は、鉄橋も水質に悪影響を与えるというので、解体の準備が始まっています。
Photo_3

Photo_4

かつての面影が、どんどんなくなっていきますね。さみしいことです。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

六合の紅葉

EOS5D mkII + EF 28-300mm L

Photo

この紅葉も、いつもながら見ごろの10月28日(群馬県民の日)に言ったときは、盛りを過ぎていました。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

二度上峠

EOS5D mkII + EF 28-3900mm L

Photo

今年は婦負年よりも1週間以上紅葉が速いですね。ちょっと前に撮った、な高崎市(旧倉渕村)と長野原町の境である二度上峠からのカラマツ林の様子です。

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

ARIA The AVVENIRE

 本当に久しぶりの書き込みです。
 仕事が忙しくなったり、体調を崩したりして書き込む余裕がなくなり、そのまま放置状態になってしまっていました。なんとか、また書く気力も出てきたので、今回のような「毎日」ではないですが、書き込みをしていこうと思います。

 ところで、先日、劇場アニメ「ARIA The AVVENIRE」を見てきました。「屍者の帝国」も見てきましたが、これは長男のつきそい兼私も原作の小説が好きで見てきたもので、「わかる人」と「わからない人」で評価が大きく分かれるような作品でした。長男は感動しまくっていましたが、私もいい作品だと思います。同じ伊藤計劃原作の「ハーモニー」も一緒に見に行く予定です。

 で、この「ARIA The AVVENIRE」の方は、私一人で見てきました。こんなおっさんが、と笑わないでくださいね。見ていたのは、私やその一つ下の世代の大人がほとんどでした。逆に、そうでないとわからない作品でした。

 10年前、天野こずえ氏のコミック「AQUA」「ARIA」を原作として作成されたアニメ「ARIA」は、「萌え」も「燃え」もない、ひたすら「癒し」の作品で、その分野としては異例のヒット作となり、第3期までつくられ、7年前に終了しました。ストーリーは、遠未来、火星がテラフォーミング化されて水の惑星となった頃のころ、「マンホーム(地球)」から、水の都ヴェネチアが文化遺産としてそのまま火星に移設され、そこでは移動は徒歩と手漕ぎの船のみなどと、過去のヴェネチアそのままの営みが行われ、観光都市となっていました。そこで、手漕ぎの船での観光案内人(ウンディーネ)を目指す水無あかりとその仲間の物語です。原作に沿った練られたシナリオと、徹底的に描き込まれた美術ときれいなBGM、そしてメインキャラの一人、アリアの歌声(歌は声優でなく、シンガーソングライターの河井英里さんが担当)で、とてもきれいな作品でした。ただ、それを作成したハルフィルムメーカーは、これが最終作となってしまいました。
 そして7年後にその続編が映画版で出るというのです。それも、制作は別会社、さらにアテナの声を当てた川上とも子さんと、歌を担当した河井英里さんはともに亡くなっています。そして、オリジナルストーリー。これはかなり不安でした。

 で、先日見てきました。このような、テレビアニメ版の全作を知らないとわからない作品ですから、見る人の方も年代が上がるのは仕方がないでしょう。3年かけたテレビアニメ版の最後話で(かつコミック版の最終話も連動して)入社したあいちゃんの単なる物語かと思ったら、テレビアニメ版の前日談(あかりがアリアカンパニーにやって来るシーン)やテレビアニメ時代の語られなかったストーリー、さらにはあかりの守護者的存在だったネコの妖精(?)ケットシーまで登場すると言う、ちょっとサービスしすぎな位の、時間軸が交差し、3世代の登場人物が公平に描かれる、練りに練ったシナリオでした。
 さらに、アテナ以外のCVは全て変更なしのほか、劇中歌にテレビアニメのオープニング3曲をすべて使ったり、1番心配していたアテナの歌声は、河井さんの収録してあった曲をデジタル処理してサラウンド効果までつけて使ったり(感動ものです)、BGMもテレビ版をほとんど使っていたり、また美術もテレビシリーズと違和感がないなど、7年間のブランクを全く感じさせない作品でした。かなりの感動作でした。

 でも逆に、なんの説明もなくテレビアニメ版の続きを見せるという、年齢層の高いかなり特定の観客でないと全くわからないような作品になってしまっているのが欠点といえば欠点ですね。
でも非常に楽しめました。

センニンソウ D7100 + 18-200mm

Photo

 もし気に入ってくださったようなら、下のバナーをクリックして下さい。よろしくお願いします。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

| | コメント (5)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年12月 »