« ふたつのアルコール(小4・5・6理科) | トップページ | 過酸化水素水の扱い方(小6・理科) »

ヨウ素の使い方(小5・理科)

 ヨウ素は、デンプンがあるかどうかを調べるのに必須の試薬ですね。今回は、このことについてまとめてみましょう。

 知ってのとおり、ヨウ素はデンプンと反応(ヨウ素デンプン反応)して、青紫色になります。デンプンの種類によって、その色は微妙に違います。ただ、ヨウ素の気体は有毒なので、吸入しないように気をつけさせましょう。

 ヨウ素液の作り方は二つあります。まず簡単な方は、市販のヨードチンキ(ヨウ素とヨウ化カリウムをエタノール溶液に溶かしたもの)を、水で50~200倍に薄める方法です。もう一つは厳密につくるもので、水250mlにヨウ化カリウム0.5gを溶かし、さらにヨウ素0.3gを溶かして作ります。

 ヨウ素液の一般的な濃さは、「紅茶の色」と覚えておくのがいいでしょう。そして、液体になっているものを調べるにはその濃さで、粉状のデンプンを調べるには、うする色の方が色の変化がみやすいので、水で薄めましょう。

 ヨウ素は、光や熱によって変質しやすい性質を持っています。そうなってしまうとデンプンを調べる力も弱まってしまうので、保管する時は褐色のビンに入れて、暗くて温度の低い場所に置くようにしましょう。

 もしこの記事が参考になりましたら、下のバナーをクリックして下さい。お願いいたします。

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ

にほんブログ村

|

« ふたつのアルコール(小4・5・6理科) | トップページ | 過酸化水素水の扱い方(小6・理科) »

生物分野」カテゴリの記事

コメント

指導書でよく使われている言葉は「ビールの色」ですよね^^; 紅茶の方が 分かりやすいような・・・・・(笑)
『褐色のビンに入れて、暗くて温度の低い場所に置く』保存で、どれくらい 持ちますか???

投稿: ほるん | 2012年6月12日 (火) 15時37分

 ほるんさん、コメントありがとうございます。
 私の場合、少量作って、終わったら処分してしまうので、実際にどのくらいもつのかはわかりません。ごめんなさい。

投稿: Frank-Ken | 2012年6月13日 (水) 16時50分

おーけー たすっかた

投稿: ぽぽぽ | 2013年4月 8日 (月) 19時38分

ぽぽぽさん、コメントありがとうございます。
お役に立ったのなら幸いです。

投稿: Frank-Ken | 2013年4月 8日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203941/54046867

この記事へのトラックバック一覧です: ヨウ素の使い方(小5・理科):

« ふたつのアルコール(小4・5・6理科) | トップページ | 過酸化水素水の扱い方(小6・理科) »